足の冷え、むくみⅡ

ふくらはぎの冷え、むくみ

はじめに

前回の記事では現代人に多い冷えやむくみについてのまとめを書きました。

むくみや冷えの原因はさまざまですが、下の図のように、なんらかの原因があって筋肉が固まってしまった結果むくみや冷えの症状が現れます。

今回の記事は実際に当院で行なっている施術等をご紹介していきます。

実際の施術例

当院では足の冷えむくみに対してさまざまな方法で施術しております。

・鍼、灸による足の冷えや血流の改善

ふくらはぎの筋肉に刺入し、電気を流すことによって直接筋肉を動かします。それによって血流量改善むくみ冷えの改善が期待できます。 足の裏やふくらはぎにあるツボを用いて施術し、下半身を温めたり、血液の循環を整えむくみ改善します。

・ストレッチやトリガーポイントマッサージによるむくみ改善

当院の特徴的な施術方法であるトリガーポイントマッサージによりふくらはぎにある筋肉の硬くなってしまった部位をほぐしていきます。またストレッチも組み合わせることにより筋肉のポンプ作用(下半身に溜まった水分を筋肉の収縮によって心臓に戻す作用)を改善させ、足のむくみ改善します。

・セルフケアの提案

足の冷えやむくみの改善にはご自宅でのセルフケアが重要になります。

当院では細かな問診、検査等により患者様一人一人に合う(ストレッチ、マッサージ、日常生活でのアドバイス等)セルフケアを提案いたします。

足のストレッチ

むくみ冷えだけでなく足つり対策にも効果的です(下の写真)

「足がつる」についてはこちらの記事をご覧ください。

ふくらはぎの運動

つま先立ちになる動きをすることでふくらはぎの運動になり血流改善が期待できます。

ここでは座ってできる運動をご紹介します。

踵を上げるつま先を上げる

これを繰り返すだけの簡単な運動ですが、ふくらはぎすね筋肉を両方鍛えられる効果的な運動なのでぜひお試しください。

立位での運動方法

壁に手をつきつま先立ちを繰り返す

その他注意点

むくみの症状で注意する事として、内科的な疾患が潜んでいる場合があります。

心臓腎臓疾患、糖尿病によって引き起こされるむくみも存在するため、問診や検査により異常が疑われる場合には近隣医療機関の受診などをお願いする場合もあります。

まとめ

当院では足のむくみ、冷えに対してただマッサージや鍼、お灸を行うだけではありません。

問診、検査によって患者様一人一人に合わせたオーダーメイドな施術を行い、症状の改善とともに、予防方法もお伝えしていきます。

長年足の冷えむくみに悩まされているかたは当院で国家資格を持ったスタッフがサポートいたしますのでぜひご相談お待ちしております。

関連記事

  1. ぎっくり腰(急性腰痛)

  2. 足がつる(こむら返り)

  3. 肩こり

    肩こり

  4. 五十肩の鍼

    五十肩Ⅱ(当院の施術法)

  5. 手首の腱鞘炎(ドケルバン病Ⅰ)

  6. 足底腱膜炎Ⅱ