太平洋~日本海の赤線繋ぎ完遂(雲ノ平から黒部五郎岳)

北アルプス槍ヶ岳をバックに

9月24日から1泊2日44kmのテント泊縦走(折立→雲ノ平→黒部五郎岳→折立)で太平洋(東京湾・相模湾・駿河湾)~日本海(富山湾)への赤線繋ぎ(歩いたルートの一筆書き)を完遂することができました。

きつかったのは山以外のロードを走る区間。

昨年から山より走ることが好きな快速ランナーの伊藤真吾先生に長くてきついロード区間を同行していただいたおかげもあって、目標を達成することができました。

同じルートで完遂した人はいないと思うので、じんわりと達成感を味わっています。

下の写真の黒部五郎岳(2,840m)の登頂をもって赤線を繋ぐことができました。

真ん中に槍ヶ岳が写っています。ちなみに相棒はです。

途中、天空の楽園と言われる雲ノ平は北アルプスの名峰が次々と現れ、青空の下、最高の縦走ができました。

下の写真はアラスカ庭園からの薬師岳

次は黒部源流近くからの槍ヶ岳と右に穂高連

次は鷲羽岳と次々と名峰が現れます。

右下の赤い屋根の建物は三俣山荘

15時半黒部五郎小舎に着き、テント場を張ってから、小舎前へ移動し、ベンチでビール2缶、チューハイ3缶を山をつまみに飲みました。

そのせいかテントで爆睡(笑)

翌朝も快晴、体調も快調♪

黒部五郎岳へ向います。

そして念願の黒部五郎岳登頂。

写真は朝の北アルプスの風景

黒部五郎岳登頂後はのんびり穏やかな北ノ俣岳の稜線を歩き折立に戻ります。

途中、霧の中で現れることの多い天然記念物雷鳥が何と登山道に現れてポージング(笑)

祝ってくれたのかな?

そして13時に折立に無事ゴール!

途中、平湯の森温泉に浸かって疲れを癒し、自宅へ20時前に帰ることができました。

フィナーレを飾るに相応しい素晴らしい天気に恵まれこの上ない絶景の縦走を満喫できました。

患者様にも登山をする方も結構いるので、ようやくつかんできた疲れない歩き方とかをご指導するなど施術にも生かしていきたいと思います。

関連記事

  1. 勉強会(肩の整体)

    勉強会(肩の整体)

  2. 剱岳登山口(馬場島)から富山湾までランニング

    北アルプス剣岳登山口から富山湾へ

  3. 北アルプス縦走

    北アルプステント泊縦走(室堂~薬師岳~折立)

  4. 新たな挑戦

  5. 中央アルプス宝剣岳

    木曽駒ケ岳、宝剣岳登山

  6. 西丹沢~山中湖トレイルラン